So-net無料ブログ作成

「空の中」読了 [書籍]

有川浩の「空の中」を読み終わりました。
「やっと読み終わったー」と言うのが、正直な感想。面白かったし満足しましたけどね。500ページ以上の大作なので、疲れました。もっとも、「大人のライトノベル」を自称するだけあって、読みやすかったです。

有川浩という作家を知ったのは、前回のエントリに書いた、「妖精作戦」シリーズをネットで調べていてでした。その中で、よく「レインツリーの国」という本が引き合いに出されるので、試しに読んでみました。それが有川浩初体験。薄い本でしたが、読むのに苦痛を感じてしまいました。
そこでやめることもできたのでしょうが、「レインツリーの国」を探している時、どこの本屋でも有川浩の本が多数平積みになっていて、興味をそそられました。
Amazonで幾つか調べてみて、『航空自衛隊』『UMA(未確認生物)』という奇妙な組み合わせの本書が気になりました。このブログで未確認生物の話はしてませんが、かなり好きなジャンルの話なのです。航空自衛隊は言うに及ばず……。

こういう本がよみたかったんだー、と、喜んだのですが……。
大人側主人公二人に感情移入できず、苦戦。
女パイロットは誰彼構わず喧嘩吹っかけてるし、パイロット以前に、人としてどうなの状態。事故調査員の男は、やたら軽いし、未知なる物体を前にしてもちろちろ異性を気にして、リアリティに乏しい……。
子供側主人公の描写は、非常に細やかで、すっと感情移入できたんですけど。
世界情勢の描き方も非常に荒い。何で東京を核攻撃しようとするのか、発想が飛躍しすぎ。

欠点はありますが、面白かったのは事実。でなきゃ、読了なんかしてないですから。
文庫書き下ろしのパートは、すごくいい話なんですが、完全に蛇足かな……。
有川浩と言えば、「甘だるい恋愛話」が有名らしいですが、本書はそれほど気になりませんでした(大人男主人公には辟易しましたが)。

勢いにまかせて、「海の底」も読み始めました。こちらは海上自衛隊+UMA。
Kindleで読みたかったんですが一冊も電子書籍化されていないのが残念。

ドラマ「空飛ぶ広報室」の原作者も有川浩だったんですね。ドラマは観てませんでしたが、原作本を何と無く見つけていましたし、J-Wing誌でも特集されてましたので、知識としてはあったんですが……。Amazonで改めて見て、「ああ、あの本の作者だったのか」と、今更ながら認識した次第です。


空の中 (角川文庫)

空の中 (角川文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。