So-net無料ブログ作成

2014-10-08皆既月食 [天文]

カメラの電源を切らずにレンズ交換をし、皆既中の写真データが全てノイズになっていたという失態から2年…。待ちに待った日が来ました。
とは言え、早急に終わらせる予定だった仕事が終わらず、会社にカメラと500mmレンズと三脚を持ち込み、仕事を抜け出して撮影に挑んだのでありました。

結論から。
皆既開始数分前に、どんよりとした雲に覆われ…。
ため息をつきながら、あきらめようかと思い、ツイッターを見てると、アストロアーツのアカウントから、天王星が近くにあるとのツイートが。
雲が流れる反対方向を見てると、晴れ間が見えてる。じっと待つこと1時間?
皆既終了10分前に、ついに赤い月がその姿を!

moon-uranus-02.jpg
赤い月と天王星(黄色い矢印の先)。
天王星の撮影も見るのも初めてでした。ツイート見てなかったらあきらめてた。

こちらは、天王星を基準にして、15分間の月の移動の様子。20時18分頃と、20時30分頃の合成。
moon-uranus-03.jpg

遅く流れる雲に、イライラしながらも、ひたすら待った甲斐がありました。

観測を開始してからの画像。60%ほど欠けてます。18時57分頃
moon-eclipse-20141008-01.jpg
月食開始高度が低く、住宅・高層マンション密集地では、18時40分過ぎじゃないと見えませんでした。

この直後、雲に覆われました。天王星のことは頭の片隅にありましたが、ツイートを見るまで、失念。知ってたら、この段階で、もっと月に近づいていた天王星を撮れたのに…。19:23頃
moon-eclipse-20141008-02.jpg

皆既食も終わって、地球の影から出てくる月。20:40頃
moon-eclipse-20141008-03.jpg
この後、再び雲に覆われて、あきらめて会社に戻りました。仕事の残りが待ってたし。

道行く女の人にいっぱい声をかけられたし(おばば含む)、子供には質問攻めに会うし、楽しかったです。どでかいレンズを三脚に構えてたから、相当目立ってたと思う…。
500mmレンズで見る月食は、ちょっとした望遠鏡で観測してる気分で、その神秘的な様子に、ただため息をもらすだけでした。何人かに、カメラを覗かせたり、プレビューを見せたりして、すごく喜ばれたのが良かったです。観測中、「From the Earth to the Moon」のテーマ曲と、「ザ・ムーン」の楽曲が脳内再生されておりました。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。